BAGEL&BREADS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ようちえん生活が1ヶ月過ぎた。

BLOG、だいぶ久しぶりに書きます。

4月からの1ヶ月は、我が家の息子くんがようちえんに入って、生活がいっぺんした1ヶ月でした。

あっという間。

毎日、なんかあっという間でした。

 

 

 

まず、結構お店の常連さんには心配していただいていた、

ようちえん生活ですが、

わたしが想像していたよりはとーーーっても早くなれた、我が家の怪獣。

さすが、順応性がはやい。

心配していたGW明けも、

むしろ自分からようちえん行きたそうなそぶり。

思いっきり遊ぶことに重点を置いた教育をしてくれるようちえんだったことも、

息子にはあっていたのだと思います。

 

 

ただ、初日は90分ほとんど泣いて、母ちゃんを探し、教室を何度も脱走。

先生に靴を隠された。というエピソードをここに記しておきますw

 

最初の1週間は、朝は行きたくないーって言ってたけど、

大抵お迎えのときには、にこにこで。

母ちゃんは、本当に安心しました。

5月のいまとなっては、朝ようちえんに到着するなり

自分の下駄箱に走り出し、

母ちゃんバイバイ。

とさっさと教室に入ってしまいます。

 

 

 

のんびりちょこっとづつ、保育の時間を増やしてくれるようちえんで、

5月現在は週2回おべんとうがあり、午後2時まで。

その他週3回は午前保育です。

ようちえんによって、慣らすまでの期間はさまざまなようだけど、

わたしたち家族には、とっても合っている気がします。

だって、まだ人生3年ちょっとしか経験してない息子が初めて親から離れて過ごす空間。

ほんの1時間だって冒険だと思う。

それに、わたしにしてみても、

まだまだかわいい盛りの息子くんの成長を1日のうちで2時間も3時間も見れないというのは

ちょっと寂しいし、勿体無い気もしてます。

なので、のんびり慣らしてくれるようちえんの方針に、親子ともに感謝しています。

 

 

今まで時間にほとんど縛られることのない生活をしていた我が家ですが、

わたしがお店を始めたことに加えて、

毎日規則正しい時間に行く場所がある人(幼稚園児な息子)が家族に登場したこと、

で、こんなに毎日が規則正しく充実した日々になるとは思いませんでした。

これは、家族にとってすごく良い変化でした。

 

 

 

毎日ドロドロになって帰ってくる怪獣。

毎日、洗濯板とウタマロ石鹸で、洋服も靴も洗っているけど、

(本当に毎日。笑っちゃうくらい毎日洗濯板が登場してます)

それがすごくうれしいです。

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LIFE - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>